講座概要

ここでしか学べません

  • 通称クジキに関しての既刊本はありますが、現在まで五鎮道について
    正しく詳細に記された書物はありません。
    先代旧事本紀大成経72巻本の周辺を巡るだけでなく、深奥を会得したい方、
    そして真剣に学びたい方は歓迎します。
  •  学ぶにあたって専門知識、学術的知識は要りません。漢文の素養や
    歴史学、考古学、知らなくてけっこうです。
    スピリチュアル系の興味がきっかけの方は目からウロコ、もしくは落胆、
    そして次に安心し、穏やかに学べるかもしれません。
    さまざまな動機で参加されますが、生きる意味をしっかりと知ることを
    最低限の収穫としていただけるよう指導し、また共に研鑽していきます。
  •  日本の叡智を学ぶことで驕り昂りではない本当の意味で誇りを
    持つ事できるようになります。同時にそれは他者への責任にも
    つながっていくことでしょう。

先代旧事本紀大成経の特徴

  • 古事記になくて先代旧事本紀にはあるもの、それなくしては神代の
    物語を理解することはできない、それが「五鎮道」です。
  • 神代と人代を支える根幹となる「始まりについて」あるいは
    「終わりについて」書かれた章を知ることによって、記紀の摩訶
    不思議なファンタジックな神話が現実味を帯びてきます。
  • そして日本の古代からの叡智の声に、大いに勇気づけられるでしょう。


テーマはいかに生きるべきか

  • 先代旧事本紀大成経全72巻の内、まず経教本紀第39~42巻を中心に
    読み解き、考える力、分析する力、行う力を身につけます。
  • 千数百年前に編まれた古伝書の言葉に、今を生きるための智慧と
    日本人の心を学ぶことができます。
  • 史書としてではなく、人生の教科書####として読み、学びます。


  • 迷っている、何も知らない、わからない、でもそこからスタートです。
  • より美しく生きたいと望む人、ここに答えがあります。
  • 生きる意味を掴みたいと真剣に願っているなら学べます。けれども
    生きる意味=いわゆる天命とは異なります。
    なぜなら天命の解釈も新たに学びますから。

  • 常識が覆ります。
    「神とは何か」我が国では戦前まで天皇を現御神(あきつみかみ)や
    現人神としてきました。また八百万の神という概念もあります。
    日本において神とは何か、実は明確な答がないままに、多神教の国など
    と言われています。
    ここで学ぶ五鎮道で、「神とは何か」明らかになります。人生を
    考える大きなヒントとなることは確実です。